前回に引き続き、インスタントの担々麺食べ比べです。

まずは明星の「黒担々麺」から。


カップはかなり大きいサイズです。

黒は、黒胡麻、黒胡椒、黒焙煎唐辛子の黒だそうです。

後入れの調味料は3つ。
20080903000456.jpg
液体、粉末、かやくです。
それぞれ味見したわけじゃないんですが、ラー油とかゴマペーストとか
ネギ、挽肉が入ってました。

5分で完成。
20080903001448.jpg
見た目はかなり担々麺です。
やけに焦げが浮いてるなと思ったら、黒焙煎唐辛子らしいです。

特筆すべきは麺でしょうか。
太麺をたっぷりのお湯で5分かけて戻すのですが、インスタントって
言われなければわからないくらい、出来がいいです。
生麺タイプのインスタントより美味いんじゃないでしょうか。
さすが、スーパーノンフライ製法(よくわからないけど)。

スープですが、担々麺の味がとてもよく再現されています。
ただ、蓋に”濃厚担々スープ”と書かれているとおり、濃い!
濃過ぎる!

麺を食べるときはスープがよく絡んで丁度いいのですが、
濃過ぎてスープだけ飲むのはちょっとつらいです。
ほとんど残してしまいました。
黒胡椒が効いてますが、黒胡麻の味はほとんどしませんでしたね。

でもトータルでみれば、インスタントとしてはかなり美味しい部類じゃ
ないでしょうか。



実は、三鬼遊のKIJIMA君に教えてもらったブラック担々麺を探しに
行ってこれを見つけて、あーこれのことだなと思って買って帰って
きたんです。

でもよくよく考えると”ブラック”とも”山中秀樹”とも書かれてないなと
思って、ネットで調べてみたらやっぱり違うじゃないですか。

サークルKサンクスでしか売られてないんですね。
後日、再度探しに。



見つけてきました。
「山中秀樹のブラック担々麺」。

20080903225417.jpg
なぜサンジャポなのか、なぜ山中秀樹なのかは面倒で調べてません。

袋は4つもあります。
20080904220832.jpg
左上が挽肉が入ったレトルトの具、右上が乾燥ネギだけ、
右下が醤油だれの特製スープ、左下が自家製のラー油と芝麻醤です。

4つもあって、なんだか美味しいものができそうな雰囲気です。

4分で完成。
20080904232620.jpg
ん~・・・見た目が・・・。
お湯の分量は間違ってないんだけど、スープは半透明で薄そうです。
でも一口飲んでみるとそんなことは無く、黒胡麻の味が効いた
なかなか美味しいスープでした。

麺は中太麺です。
氷結乾燥ノンフライ麺だそうです。かなり弾力があり、ありすぎて
逆に違和感があります。
麺にスープが全然からまないので、スープ飲みながら麺を食べると
いい感じでした。

スープは黒胡麻の味が効いたと書きましたが、辛さはそれほど
ないです。
蓋に”お酒のあとの〆の一杯”って書いてあるんですが、
他のと比較するとさらっとしていて、飲んだ後はこういうのが
よさそうだな~といった感じでした。
なかなか美味しかったです。


これに限らずインスタント全部そうなんですが、しょっぱいですね。
麺を食べた後、スープはほとんど飲めませんでした。
インスタントにコクを求めるのは難しいんでしょうか。どうしても
表面的な塩味や香辛料の味が目立ってしまいます。



前回と合わせ4つ食べたわけですが、どれが一番かと問われると
明星の黒担々麺かな・・・スープが異常に濃いってこと以外は
満足できました。
その次に山中ブラックですね。
日清も美味しいと思ってたけど、この記事の本格派な2つと比較すると
劣りますね。手軽さはいいのですが。


「おいしい インスタント 担々麺」で検索されている方がいました。
ちょっとはお役に立てたでしょうか?



これだけ食べておいて信じてもらえないかもしれませんが、
自宅ではかなり健康志向で、普段カップラーメンは酔って腹が減った
ときの非常食として食べてるだけです。

なのでこの食べ比べは、ちときつかったですね・・・。
こういうのはもうやめます・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://lovinsupra.blog114.fc2.com/tb.php/208-85c80e77