2011_12
12
(Mon)23:59

寒鰤

先週金曜日は『三鬼遊』で同級生Fさんの誕生会があり
飲んできました。



カメラの設定がいつの間にか変わっていて、
横長の写真になってしまいました。
小さくて見づらいかもしれませんが、編集面倒だったので
そのまま載せました。

この日、お昼ご飯を食べていたら突然ガリッと音がしました。
おにぎりに石でも入っていたのかと思ったら、歯に詰めた
銀が外れていました・・・。

飲みに行く日になんで・・・。
ネタじゃなくて本当の話です。

寒い日だったので、呼吸するだけで歯に風があたって
沁みて痛かったです。
ビールはやっぱり飲みたいので、歯に当たらないように
飲んでたんですが、途中から日本酒のぬる燗にしてました。

食べ物も柔らかいものだけで・・・。



寒鰤です。
20111209_2.jpg
これは歯に関係なく絶対食べるつもりでした。
『三鬼遊』さんなら寒鰤あるだろうと思って。
背のほうも脂がよくのっていてとろとろで、
腹のほうもぎゅっと脂がつまっていました。
切り身が大きくて食べごたえあったし美味すぎました。


テレビで観たんですが、今年は餌が豊富でブリが豊漁で
味もいいんだそうです。
何度かウオロクとかイオンで寒鰤とは言えないまでも
日本海産ブリの刺身を買ったんですが、
たしかに美味かったし、値段も安かった気がします。


寒鰤丼です。
20111209_3.jpg
づけ丼でした。
カレースパがあるからということで、小さい丼にしてもらい
ましたが、切り身がたくさんのっていたし丁度良かったです。
『三鬼遊』さんに来ると普通に食べられますが、
なかなかこれだけ美味い丼はないと思います。



カレースパです。
20111209_5.jpg
何人前あるんだろうっていう超大盛りでした。
半分くらい俺が食べてた気がしますが・・・。
カレーが濃厚でほんと美味かったです。



結局また電車が無くなるまで飲んでいて、
新発田まで帰る『三鬼遊』の店員さんに乗せてもらって
帰りました。



新発田に帰ってから、もうちょっと飲みたいなと
『祥京庵』さんに。


お通しは鱸の蒸し物でした。
20111209_6.jpg
まさか、店長が釣った魚だったんでしょうか・・・。



こちらでもお目当ては寒鰤でした。
20111209_7.jpg
店員さんに「すみません。背の部分がもう無くなって
腹の部分だけなんです。」と言われましたが、
むしろ、ありがとうございますという感じでした。

丁度良く照明が当たる席だったので、美味しそうに
撮れました。
見た目通りほんと美味かったです。
なんなんですかね、この脂の美味さは。



こちらでもぬる燗を飲んでいたので、それに合うような
もの(+歯の都合)ということで、イカの肝の醤油漬けを。
20111209_8.jpg
醤油漬けということでしょっぱいかなと思ったのですが
そんなことはなく、肝の味がしっかり引き立っていて
日本酒に合って美味かったです。


この日はいさぎよく帰りました。
あんまり食べられないから。

幸い翌日歯医者に診てもらえて、すぐ治りました。

C.O.M.M.E.N.T

NoTitle

いさぎよく帰ったって・・・・

充分だろっっ(笑)

2011/12/13 (Tue) 01:44 | kijima #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

いや~・・・それがですね、
この次の日が・・・。

2011/12/13 (Tue) 21:39 | テツ #- | URL | 編集 | 返信

ブリッと天然

その日、私は新道のさざ波さんで
忘年会でした。食べ切れない量の料理が・・・。
ブリの照り焼き、ブリの刺身、美味しかった!!

テツさんがおっしゃっる通り
今年のブリは美味しいですよね。この間
ウオロクで買った佐渡産だか、佐渡沖だかの
ステッカー付パッケージのブリの柵
とっても美味しかったです。また買わねば。

2011/12/13 (Tue) 23:01 | 焼き鮎 #2nM3mcAo | URL | 編集 | 返信

NoTitle

さざ波さんで忘年会なんて・・・すごくうらやましいです。

そういえば、佐渡の寒鰤はステッカー貼ることに
なったんですよね。ウオロクにあったんですか・・・。

今日仕事帰りにイオンに寄ったら、ステッカー貼られて
ない新潟産と書かれたブリが売られていて、
遅い時間だったので1200円くらいのが500円になっていて、
明日の家族のご飯用に2柵買ってきました。
明日忘年会なので自分だけちょっと食べたんですが
やっぱり美味いですね。毎年こんなに気軽に寒鰤
食べられたらいいのに。

2011/12/14 (Wed) 02:17 | テツ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック