新発田市のホームページに飲食店の情報が詳しく
載っていると新聞だったか広報だったかで見て
のぞいてみました。

しばた観光ガイドの”食べたい”のところに
たくさんの飲食店の情報があるけど、これかな?
これはうれしいです。

このブログを立ち上げたきっかけは、
新発田の飲食店の情報がネット上にほとんどと
言っていいほどなかったので、だったら
自分で作ろうと思ったことからです。

市なら、私がいけないようなお店の情報も
載せられると思うので、もっともっとお店の
情報を増やしてもらいたいですね。

調理の様子の動画も観られるようになるんだとか。
楽しみです。


それから、今年も5月1日から
「食のアスパラ横丁味めぐり」が始まりますね。
去年はそこそこ食べてスタンプラリーにも参加したのに
なんにも当たりませんでした・・・。
今年こそは・・・。





亀田製菓がやっちゃいました。
日本経済新聞
亀田製菓、韓国食品大手と提携 商品開発や技術供与

これ読んだとき、はあぁぁぁぁぁ!?!?って思って
お客様相談室に抗議のメールを出そうと思いました。

でも、亀田製菓のブログのコメント欄はすでに炎上して
いました。
亀田が提携を発表した農心がどんな企業なのか
このコメントの数々を読めばだいたいわかると
思います。
この記事書いてる時点で3000件くらい
あるみたいですが。


食品って、やっぱり衛生面が一番大事だと思うんです。
特に日本人は。
それなのに、よりによってあの国のあんな企業と
組むなんて信じられない。
不潔さももちろんだけど、韓国の企業と組むことの
問題は、ここ最近の電機、鉄鋼業界の件でも
わかってたことじゃないでしょうか。
(やっぱりあの知事、あの市長もからんでるんでしょうか?)


日本のマスゴミは韓国を持ち上げるために
韓国の悪いことはほとんど報道しません。
報道する自由じゃなくて報道しない自由を行使して
います。
だから、テレビ、新聞紙しか情報源を持たない人は
韓国は良い国、K-POP、韓流ドラマが流行って
いるなんて本気で思ってしまいます。

亀田製菓ほどの大企業ですから、提携による
メリット、デメリットは当然考慮したと思うんですが
本当に考えたんでしょうか。
辛ラーメンがスーパー、コンビニで大量に売れ残って
いるのは味の問題だけじゃないことを知っているんで
しょうか。
海外での販路拡大とか言ってますが、農心の製品は
欧州では輸入禁止にしている国もあることを知って
いるんでしょうか。

今800億の売り上げを1500億にする?
安全面で高い評価を得ている日本の食品が、
韓国と組んだら逆効果じゃないんですか?
数年後、柿の種、ハッピーターンのパクり商品が
出回るんじゃないですか?


あっちの国で製造したものは日本では流通しないとか
言ってるみたいですが、食品の製造業でありながら
こんな企業と組んじゃう意識の低さが本当に信じられ
ません。

これは恥ずかしながら私も知らなかったんですが
せんべいの原料に外国の米使ってたんですね。
米どころ新潟のせんべい屋なのに、それって
裏切りじゃないでしょうか?
全部新潟米は無理でもせめて国産を使うべき
なんじゃないでしょうか。

柿の種とかせんべいとか、酒のつまみで食べることも
たまにありましたが、亀田製品はもう買いません。

Secret

TrackBackURL
→http://lovinsupra.blog114.fc2.com/tb.php/481-d4093563