無冠帝を愉しむ会

2013年04月14日 14:40

先日、菊水さんのメールマガジンである、
ふなぐち倶楽部通信【ふなコミ】に「無冠帝を愉しむ会」の
案内が記載されていました。

無冠帝がリニューアルされるとのことで、
なにやら『手紙』さんでイベントがあるらしい。

ふーんという感じで読んでいたのですが、
その中の一文に目が留まりました。


”当日はあの酒場詩人がスペシャルゲストとして登場して
 くださるかもしれません! ”

なにーっ!?っていうことで、即応募しました。


運良く当選することができて、4月12日金曜日、
参加してきました。


写真が多いので携帯で見られる方は大変かもしれません。
会に先立って、希望者は日本酒文化研究所見学をすることが
できました。
せっかくの機会なので私も見学してきました。

研究所見学ってどんなことをするのかと思いましたが
研究所内にある節五郎蔵の見学から始まりました。

写真は全部OKとのことで、皆さんといろいろ撮らせて
いただきました。
20130412_1.jpg


20130412_2.jpg
こちらは有機空間に日本で最初に認証されているそうで、
壁は杉で、断熱材もおがくずを圧縮したコルク材、
天井は貝殻をすり潰した塗料など使用されていました。


貯蔵庫を見学したときは皆さん「おぉ~~」と
喜んでいました。良い眺めでした。
20130412_3.jpg
社長がOKを出さないと出せないお酒もあるそうです。


奥にはこのような部屋がありました。
20130412_5.jpg
20130412_8.jpg
酒器とか料理用の皿とかがたくさん。


図書コーナーには酒や食に関する本がたくさん。
20130412_7.jpg
どの本も手にとって読むことができるんですが、
この昭和初期の料理本はおもしろかったですね。
ずっと本を見ていたい空間でした。


一通り見学させていただいて、『手紙』さんに向かいました。

当選したと書きましたが無料なわけではなく、
7,000円の会費を支払って席につきました。




最初の話に戻りますが、”あの酒場詩人”とは
もちろん、BS-TBSで月曜夜9時から放送されている
酒場放浪記の吉田類さんのことです。

私が福山雅治大先生と並んで崇拝するお方です。
(もう一人、競馬界の岡部幸雄さんも)


私のまわりの方々も吉田類ファンばかりでした。
もういらっしゃってますよと教えていただいて
覗いてみると・・・。



20130412_10.jpg

いたーーーーっ!!!(笑)

いやがうえにもボルテージが高まります。


私達の座席は入り口脇の個室風のところで吉田類さんが
いるところとは少し離れていましたが、逆によかったです。
最初から近くだと緊張してしまう・・・。




この日の献立です。
20130412_9.jpg



左から
炙り〆鯖 ふきのとう醤油
空豆翡翠煮
桜のシャーベット 芹 鴨ロース
鰊と筍、ぜんまいの炊き合わせ
鯛の昆布〆とうるい、苺の土佐酢和え
20130412_12.jpg

どの料理も本当に最高でした。
奥に見えるのが新・無冠帝で、それに合わせてシェフが
考えられたとのことです。

新・無冠帝ですが、ボトルも中身も本当に違うお酒に
なっていました。
正直なところ、旧・無冠帝はあっさりし過ぎていて
私の好みからは外れていたのですが、新・無冠帝は
生酒になってよい香りがしてフルーティで、飲み口も
甘みがあって角が立っていなくて、正反対の印象を
受けました。
いつもこれでいいくらい。



豚の角煮の道明寺蒸し 桜椀
20130412_13.jpg
文字通り豚の角煮が入った椀物です。
豚肉の脂っぽさやくどさが全くなくて、とても美味しい
お吸い物でした。
塩漬けの桜の花が浮いていて、見た目も春っぽくて
よかったです。


後ろに見えるのは菊水さんの出品酒、節五郎です。
これはめちゃくちゃ美味かったです。
皆さん絶賛されていました。
市販されているそうですが、なかなか飲めるお酒では
ないですよね。
酒の陣ではワンカップくらいのサイズで2,000円
くらいで販売されていて、即完売だったそうです。



さかすけ和牛ソテー 新玉葱のすり流し
生雲丹添え 山葵醤油漬け
20130412_15.jpg
”さかすけ”とは、乳酸菌発酵酒粕のことで、
肉を漬けると肉が柔らかくなるそうです。
本当に美味しいお肉でした。
さかすけは近々市販されるそうです。



鯛と奈良漬けの棒寿し
鰊のさかすけ桜漬け さかすけ漬物
20130412_16.jpg
この記事書いてて気づいたんですが、
これもさかすけを使用した料理だったんですね・・・。
もうこの頃になるとそんなの気にせず、飲んで食べて
いました。もちろん味わってはいますが。


私は一人で参加していたのですが、緊張するかな?とか
全く心配していませんでした。
”同じ人”の集まりだと思っていたので。

最初からまわりの皆さんとは打ち解けることができて
この日初めて会ったとは思えないほど楽しく過ごすことが
できました。

私の左右4名の方は私の職場の道路挟んで向かい側の
ビルの某印刷会社の方々でした。すごい偶然。
皆さん日本酒が好きな方で楽しかったです。

お酒をついで回ったときに聞いたんですが、
参加者18人中、自分含め新発田市内の方が3分の1、
新潟市内からの方が3分の1、残りが県外からの方
という印象でした。千葉とか厚木から来られた方も。



フレッシュトマトの水羊羹 ミント
ふなぐち菊水の泡を添えて
20130412_18.jpg

越後姫
20130412_19.jpg

〆のデザートも美味しかったです。
越後姫一人一個だけかと思いましたが、とんとん社長の
清田さんご夫妻(※すみません。越後姫の生産者の方だと
思っていました・・・)が来られていて、お土産でいくらでも
お持ち帰りくださいと。私も1パックいただきました。


吉田類さんですが、私たちの席のほうにも来てくださいました。
来られたときは、大撮影会みたいな感じで。

せっかくなので、久々に自分の顔をさらしましょう。
20130412_0.jpg
この満面の笑み。
もう最高っす(笑)


その後も吉田類さんの席にうかがってサインを
いただいたり。
皆さん、著書とか色紙とか持参で、すごいなーって
感心しました。
私は用意していなかったのですが、同席した方が色紙を
ゆずってくださって、私の分も書いていただきました。

20130412_35.jpg
哲也っていう名前の左に”タケ”って書いてあるんですが
色紙をくださった方が名前を間違って伝えてしまって
あとで自分で吉田類さんに名前書きなおしていただけ
ないでしょうかとお願いしました。

そうしたら、”タケ”を顔に書き直してくださって
このほうがいいでしょうと。
同席した方からも「いいな~、これは貴重だよ!」と
絶賛されてしまいました。

即興でこういう発想が出るということが素晴らしい、
テレビで見る以上にすごくいい人で感動しました。
「哲学の哲ってどんな字だっけ・・・もう酔っぱらっ
ちゃってわかんない」とか言ってるのも親しみやすくて。


吉田さんがいないときも、菊水の宮尾さんが
ずっとついてお酒の話などをしてくださったり、
社長が顔を出してかなり考えたんだろうという
寒いギャグを振る舞っていったり(でもすごく頑張って
いる印象をうけました)、時間があっという間に
過ぎていきました。


吉田類さんと飲むという、一つの夢が叶いましたが
それ以外にもいろいろな方と交流できて、
素晴らしい会でした。





このあとはいつものコースといいますか、
『鳥はし』さんで飲んで。
20130412_26.jpg
「無冠帝を愉しむ会」で目の前に座っていた新発田の方が
カウンターの端のほうで飲んでいたのですが
帰るまで気づかなったくらい酔っていました。
飲んでた日本酒のボトルが無くなったって騒いで
いたんですが、手提げ袋の中に自分で入れてた・・・。
自分でも何がしたかったのかわからない・・・。


そして最後はいつもの『てしごとや清房』さんに。
20130412_28.jpg

店長も吉田類さんのファンだったらしく、
「いいな~」と何度も言っていました。いいだろう。

「今度吉田さん連れてくるよ」と言って帰ってきましたが
私にそんな力はありません(笑)

でも、新潟には月に2、3回は来ていて、菊水さんとは
親戚のようになってしまいましたと言っていたので
そのうち機会があるかもしれません!



この日はとにかく日本酒飲みました。
やっぱり日本酒はいいですね。皆さん飲みましょう。

飲み過ぎて後悔することは無数にあるけど
酒好きでよかったなぁ~って思える夜でした。


20130108_3.jpg


コメント

  1. いこいこ | URL | -

    はじめまして。

    時々、お邪魔させてもらってます。
    無冠帝、前に一度飲まされて立てなくなったことがあって、忘れられないお酒です。
    すでに飲まれた感想を参考に、新しくなった無冠帝を飲んでみたいと思います。

    私も 手紙さん、行ったことあります。
    上品な美味しい料理を出してくれますよね!

    手しごとやさんは行ったことないので、一度 行ってみたいと思います。
    美味しいもの出してくれるんだって わかったので!
    また他にも美味しいお店を紹介して下さい。
    楽しみに、覗きにきます。

  2. じゅんこ | URL | -

    No title

    先日はお世話になりました。
    菊水さんの見学からご一緒しましたおばちゃんです^^
    節五郎出品酒は忘れられない味でした。
    愉しく美味しい会で本当に良かったですね!
    ちなみに清田さんは生産者ではなく、とんとんの社長さんだそうです
    ではまたどこかで

  3. すまいる | URL | -

    No title

    こんにちは、
    本当に楽しい会だったようですね。
    てつさんの満面の笑みから楽しさが伝わってきます。
    私はお酒はほとんど飲めないのですが
    お酒が好きな方にとっては最高の会だったのでしょうね。
    良かったですね!
    手紙さん今度私もおじゃましてみたいと思います。
    いつも母に心配かけてばかりの私なので
    母の日がきたら母を連れて行ってあげようかな・・・

  4. テツ | URL | -

    No title

    いこいこさん>
    はじめまして。
    無冠帝おすすめです。癖がないと言いますか、とても飲みやすかったです。それでいてしっかり旨みもあって。
    『てしごとや 清房』さんもぜひ。週末は早い時間だと予約しないと入れないかもしれません。
    店長がとてもいい人です。


    じゅんこさん>
    こちらこそお世話になりました。
    とんとんの社長さんだったんですね・・・教えていただいて助かりました。
    記事修正しました。
    職場に良い飲み仲間がいらっしゃってうらやましいです。
    貴重な機会を素敵な皆さんとご一緒できてよかったです。
    すぐ近くにいるということで、ぜひまたどこかで!


    すまいるさん>
    菊水の社長さんも1合やっと飲めるくらいなんだそうです。
    お酒飲めない方も来ていて、場に染まって楽しんでいましたよ。
    本当に良い時間でした。
    『手紙』さんのお料理は基本は3,800円のおまかせコースのみだそうです。
    3回利用したことがありますが、毎回初めて食べるなかなか食べられないような料理ばかりでした。
    俺もばあちゃんと母親の誕生日が近いので・・・とか考えたことがありますが、実現するかどうか。
    すまいるさんはぜひ行ってみてください。

  5. すまいる | URL | -

    No title

    てつさんお誕生日おめでとうございます!
    プロフィールに4月18日がお誕生日とあったので
    おめでとうメッセージおくります
    今日はお誕生日だから美味しいもの食べて
    美味しいお酒のんでるかな?
    また時間ができたらブログにのせてくださいね
    楽しみにしています

  6. テツ | URL | -

    No title

    すまいるさん>
    ありがとうございます!

    記事にしましたが、誕生日だからといってもいつもどおりです。
    ビール美味かったし、肴も美味かったですが。
    もう3時になるけど、明日は6時に起きて会社にかないと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lovinsupra.blog114.fc2.com/tb.php/536-ba412c3e
この記事へのトラックバック