2016.04.17 祥京庵
コモタウンから、歩いて新道方向へ向かいました。

魚と日本酒っていう気分だったので、
新道にたどり着いてどこがいいかなと彷徨いました。
ただ、23時前だったので時間的に入れる店は限られて
しまってました。

『てしごとや 清房』さんも入れそうでしたが
また厨房に押し込められるんじゃないかと思うと
恐怖で手が震えて扉を開けられませんでした。



ダメもとで『祥京庵』さんに突入してみました。

すると、料理のラストオーダー5分前ですがいいですか?
と言ってもらえて、入ることができました。
お酒のほうはその30分後までだったので
飲むには全然大丈夫でした。

20160415_12.jpg


本日のお料理です。
20160415_13.jpg
これ以外にもたくさんのメニューがあります。

日本酒。
20160415_14.jpg
『祥京庵』さんといえば日本酒。


まずこれを飲みたいと思いました。
鳥取の、東郷 純米酒 加水ブラックです。
20160415_15.jpg
でも残念ながら少ししかなくて、サービスでいただきました。

焼酎を思わせるような強い香りと、
梅酒を思わせるような甘味、酸味のしっかりした
飲み口の、とても好きなタイプでした。


次に、福島の奈良萬 純米生酒 中垂れを。
20160415_16.jpg
ちょっと前に同じ福島の写楽を飲みましたが
それとよく似ていました。
白ワインのような飲み口で旨味がしっかりしてて
美味しかったです。


料理のほうは時間なかったので一度に全部お願いしました。

店長のFacebookに写真が載ってた、
キンキ、ノドグロ、墨烏賊食べたいなと思ってました。


キンキの一夜干しです。
20160415_17.jpg
上品な白身でした。
日本酒によく合っていて美味しかったです。
皮までしっかり食べました。


ノドグロの炙り刺しです。
20160415_18.jpg
身の旨みと炙られた皮の旨みで
美味しい刺身でした。


天使の海老の刺身です。
20160415_19.jpg
天使の海老の刺身は初めて食べました。
もっちもちでねっとりして旨味が濃い刺身でした。
今まで食べた海老の刺身の中で一番かも。


右から、鰤大とろ、墨烏賊、墨烏賊炙りです。
20160415_20.jpg
手毬寿司ってことで小さいのかと思いましたが
普通のシャリはお寿司くらいあって、
ネタも2枚重ねられてるので食べ応えありました。
墨烏賊は身の厚みもあって美味しかったです。



20160415_21.jpg
店長がどうもって来てくれて、ノドグロの肝を
あん肝風にしたものを持ってきてくれました。
日本酒に合う素晴らしい肴でした。
久々に店長に会えたのもうれしかったですね。


最後に東京の屋守 純米吟醸無調整酒をいただいて
時間になりました。
菊水のふなぐちそっくりのお酒でした。


24時ちょっと過ぎただけだったので
いつもよりだいぶ早かったんですが、ここで帰りました。
美味しい料理とお酒で満足できたので。
いつもこうだといいんですけどね。


Secret

TrackBackURL
→http://lovinsupra.blog114.fc2.com/tb.php/712-d3cb0f98