2016_12
11
(Sun)17:00

登喜和鮨

土曜日、同期M君と『登喜和鮨』さんで飲みました。

20161210_1.jpg



お店のホームページを見ると、
おまかせは1万円~となっていたので1万円で
お願いするつもりでしたが、電話で予約したとき、
5千円とか7千円とかでも大丈夫ですよと
女将さんが教えてくださいました。

ただ、同期M君とは1年ぶりで、新年会と忘年会兼ねて
1万円でいいかーと思って、この日は1万円でお願いしました。

同期M君とは東京では週数回飲んでいましたが
お互い環境も変わって最近は年1回くらいになって
しまいました。
毎年この時期になると、そういえば今年飲んでねーなとか
思い出して飲みに行きます。




カウンターだったので、目の前から一品ずつ出して
いただきます。

何が出てくるのかわからないんですが
美味しいことは決まっているのでワクワクします。



まずは牡蠣のスープでした。
20161210_2.jpg
最初に温かいのがとてもよかったです。
濃厚なスープでした。


蒸し牡蠣です。
20161210_3.jpg
身が厚くてぷりぷりで、
火が通った牡蠣でこんなに美味しいの
食べたことないって感じでした。


佐渡の寒鰤です。
20161210_4.jpg
いやー、これが食べたかった・・・。
ただ脂が乗っているだけでなく、熟成しているような
ねっとりした食感で旨みもすごかったです。

わさびは安曇野産で、毎月そこの生産者さんが
来ているんだそうです。


松皮鰈です。
20161210_5.jpg
右がえんがわを炙ったものなんですが
これがめちゃくちゃ美味かった。
分厚い身を噛みしめるといい脂がにじみ出てきて。


ずわいがにの内子とみそを和えたものです。
20161210_6.jpg
内子もみそも濃厚で、既に日本酒に切り替えて
いたのでいい肴でした。

その蟹の茶碗蒸しです。
20161210_7.jpg
茶碗蒸しというよりは蟹の身がたっぷりの
スープという感じでした。
先ほどの内子とみそを入れて混ぜても美味しいです
とのことで、入れて食べてみたりしました。


右から煮だこ、からすみ、白甘鯛のうろこ和えです。
20161210_8.jpg
たこ美味かった・・・。食感といい味といい、すごく好きでした。
からすみってしょっぱいってイメージありましたが
しょっぱさは全くなく旨みだけでした。

甘鯛は、黄、赤、白と三種類あって、
白が一番希少らしいです。
うろこ和えって初めて聞きました。


これどっちだっけな・・・。
20161210_9.jpg
赤鰈の昆布締めか、久慈の平目なんですが
どっちか写真撮り忘れました。
どちらも美味しい白身でしたが、平目が肉厚で
とても美味しかったです。



大間のまぐろのづけです。
20161210_10.jpg
しょっちゅうテレビでは見るけどなかなか食べられない
あの大間のまぐろです。
もちろん美味しかったです。

このあと大間のまぐろの中トロが出てきたんですが
あまりにも美味しそうな見た目で、写真撮る前に
手が伸びてしまいました。


うにです。
20161210_11.jpg
軍艦じゃないので、うにの味だけ味わえました。


三陸のいくらです。
20161210_12.jpg


かぶの漬物です。
20161210_13.jpg
かぶ大好きなのでうれしかったです。


やりいかです。
20161210_14.jpg


地物の〆鯖です。
20161210_15.jpg
大好きな〆鯖も『登喜和鮨』さんでいただくと
一味も二味も違いますね。


佐渡の蒸しアワビです。肝醤油がかけられています。
20161210_16.jpg


まぐろの海苔巻きです。
20161210_17.jpg
まぐろも美味かったけど、海苔が美味過ぎて・・・。


あなごです。
20161210_18.jpg
焼き立てで熱いので気をつけてくださいって
言われました。
ほんと熱々で美味しかったです。


ここでおまかせで出るのは最後だったんですが
もっと食べたいって気分だったので
追加でお願いしました。



天草の真鯛です。
20161210_19.jpg


ヒゲダラ?ヨロイイタチウオ?
20161210_20.jpg
いろいろな呼び名がある魚でグロテスクらしいですが
とても旨みが濃い美味しい白身でした。


忘れた・・・。
20161210_21.jpg
なんだっけ・・・。


鰯です。
20161210_22.jpg
大好きな鰯のお寿司も『登喜和鮨』さんで
いただくと違います。


ノドグロご飯です。
20161210_23.jpg
これは美味しくないはずがありません。
一口でいただきました。


まぐろの太巻きです。
20161210_24.jpg
まぐろの身がたっぷりで、
これもすんごい美味かったです。


最後にお吸い物です。
20161210_25.jpg
最後にまた温かいものもうれしいですね。



もうほんと、美味いとしか言いようがないお寿司でした。

おまかせは20品かな?
追加は一人5千円のつもりでお願いしたけど、
二人で5千円だったようです。

そこに酒代が加わり、お互い日本酒かなり飲むので
金額はそれなりにかかります。
でもこれだけ美味しい時間はなかなかないです。



このブログ始める前に『登喜和鮨』さんでは
何度か飲んだことありました。
ただ、こういう本当に美味しいお寿司屋さんは
別に大きいことじゃなくてもいいから特別なときだけ
利用したいなと思うようになりました。
そうじゃないとありがたみとか分からなくなりますしね。
そんなこんなで9年ぶり?になってしまいましたが。



まだ飲めるねってことで、次に行きました。

C.O.M.M.E.N.T

No title

どもども。
写真みるといっぱい食べてたね!
どれもおいしかったので本当良かったです!
また行こう!!

2016/12/12 (Mon) 21:35 | M #- | URL | 編集 | 返信

No title

お疲れ様でした。
あれを経験してしまうとまた行きたくなりますね。
滅多にできない経験でした。
また行きましょう。
でも魚もいいけど、肉も捨てがたいですね・・・。

2016/12/12 (Mon) 22:13 | テツ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック