2017_03
15
(Wed)23:23

のれそれ

年明けから仕事が倍になったような忙しさです。
加えて、ラグビースクールのほうも
連続とか一週おきに関東方面に行っていて、
いろいろいっぱいいっぱいなので、
金曜日になると外に飲みに行きたくなります。

そんな感じで先々週も飲みに出ました。

タイトルの”のれそれ”とはなんでしょう?




一軒目は、ぼけーっと寛いで飲みたかったので
『鳥はし』さんに入りました。
20170303_1.jpg
ちゃんと仕事したあとのビールは美味い。


ひたすら串を食べながらだらだらと飲んでました。
20170303_4.jpg
20170303_5.jpg
20170303_7.jpg
20170303_8.jpg


『鳥はし』さんに来るといつも四合瓶を
お願いするんですが、この日は久保田の飲み比べを
してみようかなと思いました。
20170303_3.jpg
百寿 → 千寿 → 萬寿と飲んでみました。
百寿は旨みも感じられ、きりっとした後味もあり
いい感じでした。
千寿はいろいろぼけてて拍子抜け。
萬寿は再び旨みが浮かび上がってきて美味い。
という感じでした。
満足感はランク的には一番低い百寿でした。
それでも久保田だとちょっと高いんですけどね。


二号店の『Revolbird』さんでイベントをやるそうです。
20170303_6.jpg
今回はプロのミュージシャンの方が来るそうです。





『鳥はし』さんを出て、ちょっと飲み足りないなぁって
ことで、向かいの『鮨かっぽう桂』さんに入りました。
20170303_10.jpg


この日の刺身メニューです。
20170303_11.jpg
ここに書かれている通り、のれそれとは
穴子の稚魚です。それも刺身で。
どんなものが出てくるのかワクワクしました。


まずは、この日はお雛様の日だったので
蛤のお吸い物をいただきました。
20170303_13.jpg
お酒だけで蒸したんじゃないかっていうくらい
濃い出汁のお吸い物でした。
蛤大きくて美味しかったです。


のれそれです。
20170303_9.jpg
いろいろ味を選べたんですが
ポン酢にしました。

女将さんに持ち上げてもらって写真撮りました。
20170303_12.jpg
穴子の成魚のように丸っこい胴体じゃなくて
柳の葉のように薄くてひらひらしています。
でも弾力はあって噛むとプチプチして美味しいです。
白魚の踊り食い的な感じで、魚そのものの味は
あんまり感じません。
ポン酢に浸ってるのでポン酢味ですが、
そのまま食べるとちょっと苦いそうです。



ラストオーダーですってことで、
赤鰈の塩焼きと赤貝の刺身お願いしました。
20170303_14.jpg
20170303_15.jpg
ずっと日本酒飲んでましたが、よく合った肴でした。

『鮨かっぽう桂』さんは、日本酒の品揃えも多いし
魚もいろいろ食べられるし、やっぱりいいお店だなと
改めて思います。



外に飲みにいかない日も、
家での飲みが止まらなくて、ほんと最近やばいなと
思ってます。
20170304_1.jpg
金鶴 本醸造ほんと美味しかったです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック