カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

テツ

Author:テツ
性別:男性
誕生日:4月18日
血液型:A型
好きなもの:酒、食、車、魚、猫、忍者

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

先週火曜まで休みでした。

最近ドライブしていないなと思って、
久々に定番の磐梯山コースでも行ってくるかと
家を出ました。


走りながら、下道で津川から喜多方まわって行くか、
津川から磐梯河東まで高速乗るか迷ってたんですが
いろいろ迷ってるうち、いわきのアクアマリンふくしままで
行ってみるか?って、考えが変わってしまいました。

秋刀魚の季節なので、泳ぐサンマが見たかった。


なぜかナビは高速料金不明って出てたんだけど
まぁ、片道2千円くらいだろ?って思って走り続けました。

いわき湯本に着いてETCくぐったら、
4,220円って表示されて、はぁぁぁぁぁ!?
そんなにかかるんか?って、衝撃でした。
そんなにかかるんだったら、榛名山行げばよがったわ。




高速下りてからアクアマリンふくしままでは
結構すぐです。


入り口入ってすぐ、”ようこそ 縄文の世界へ”という
コーナーが待ってました。
20170904_2.jpg
魚を見たくて来たのに、なぜ・・・と思いながらも
歩いていきます。

20170904_3.jpg
縄文の世界といっても、新発田ではありきたりな
原っぱや小川を見せられただけで、この滝くらいしか
見どころがなかったです。



ほどなくして本館にたどり着きます。
20170904_5.jpg

はじめは深海魚コーナーだったかな?
そこを抜けて長いエスカレーターで登っていくと
日本の自然を表現したようなエリアが待ってました。

20170904_6.jpg
ここはいろいろな魚が見られて面白かったです。

さらに進むとイワシの大群が目に入ってきます。

20170904_7.jpg
真横から間近でこんなにたくさんのイワシを
見ることは初めてなので感動しました。


イワシが見られる通路を抜けると熱帯ゾーンだったかな。

20170904_8.jpg

トドとアザラシの水槽もあったんだけど、写真撮ってなかった。
巨大なトドが目の前で泳ぐのはド迫力でした。


20170904_9.jpg
20170904_10.jpg


しばらく歩いていくと、いよいよサンマの水槽が
あったんですが・・・。

20170904_12.jpg
ちょろちょろと少ししか泳いでいなかった・・・。

さっきのイワシのように、サンマの大群が群れを
なしていると勝手に想像していたので・・・。


となりにはカツオやマグロの仲間が泳いでいる
水槽がありました。

20170904_14.jpg
さっきのイワシの大群がいた水槽です。
イワシたちは下に捕食者がいるところで
泳がされていたんですね。


20170904_15.jpg
天井を見上げるとイワシが泳いでいて、
下からの眺めも壮観でした。


平日ということもあってお客さんがとても少なくて
この大水槽の前のベンチに座ってカツオとか
イワシを眺めてのんびりできました。
イワシはいいね。


20170904_16.jpg
タカアシガニの水槽もなかなかよかった。


写真撮ってない水槽もたくさんあって、
魚好きとしてわくわくしながら過ごすことができました。



帰りはまたいわき湯本で高速に乗って、
阿武隈高原SAで昼ご飯食べました。
昼ご飯と言っても、夕方5時くらいでしたが。

美味しそうなのがいろいろあったんですが
腹減ってたんで肉が食べたくて
エゴマ豚スタミナカルビ丼にしました。
20170904_17.jpg
豚肉が美味しくてびっくりでした。
結構濃そうに見えますが、脂が全然くどくなくて
あっさりしています。
エゴマを食べてるからなんでしょうか。
機会があったらトンカツも食べたい。



時間的にまだいけるか?と思って、
磐梯山ゴールドライン走って桧原湖まで行ってきました。

20170904_18.jpg
夕暮れ時の桧原湖はきれいでした。



ラグビースクールの練習の時にNコーチに、
アクアマリンふくしまに行ってきたと話したら、
「え? ひとりで? まじで?」って
かわいそうな人を見るような目でみられました。




翌火曜日は鳥海山に登ろうと思ってました。
一昨年、去年はお盆前に登ったけど、
今年はそのタイミングで登れなくて、機会があったらと
思っていました。

月曜日福島から帰ったのが夜9時頃だったので
朝早く起きれっかな、面倒だな・・・やめっか・・・と
思いかけたんですが、やめて家でだらだらしてたら
絶対後悔すると思って、4時に起きて出かけてきました。



天気予報は晴れだったんですが、山はまた別なので
ちょっと心配してました。

20170905_1.jpg
でも、稜線くっきり!


登山口がある鉾立まで登ってみても、

20170905_2.jpg
南は鶴岡方面まで、

20170905_3.jpg
北は男鹿半島の寒風山まで、

20170905_4.jpg
上を見上げると山頂方面まで見渡すことができて、

去年も天気に恵まれたけど、今年もいい登山に
なるなとわくわくしました。



登り始めの気温は10度ちょっとだったかな。
登山にはちょうどいい涼しさで、調子よく登れて
疲れを感じることなく鳥海湖までたどり着けました。

20170905_5.jpg
鳥海湖越しに月山まで眺めることができました。



20170905_6.jpg
御浜小屋は工事中でしたが、トイレは使用することができました。


20170905_9.jpg
さてこれからが本番と、山頂方向を見上げると
巨大な山塊が。
こんなでかかったっけとちょっと怯みます。


20170905_10.jpg
これまでの2回は左の新山側から登って、
右の七高山側の稜線を下ってきてましたが
今年は逆にしました。

稜線からの眺めがとても壮観なので、
登りのきつさが和らぐかなと思って。


こんな景色を眺めながら歩くことができます。
20170905_11.jpg
20170905_13.jpg
20170905_16.jpg
海側は庄内平野を一望できます。



3時間ほどで七高山山頂に到着。
20170905_19.jpg
去年はものすごいラーメンの香りが漂っていました。
ここはラーメン屋かと思うくらい。
皆さんラーメンを作って食べていました。
今年は平日ということもあって人が少なく、
ラーメン作っている人も全然いませんでした。



いったん谷を下って、新山側の頂上も登りました。

20170905_23.jpg


20170905_27.jpg
あとはこの谷を下っていくわけですが、
眼前には素晴らしい景色が広がっています。

20170905_28.jpg
休憩所からの眺めですが、これ紅葉の時期は
ものすごいんだろうねと一緒に休憩していた人と
話していました。


パノラマ写真です。
20170905_29.jpg
実際の視界にはこんな感じで目に入っています。


あとは、ひたすら下って下って・・・。
鳥海山はほとんど岩場なので、膝にきます・・・。


駐車場からちょっと上がったところの
展望台からの眺めです。
20170905_31.jpg
山頂があんな遠くに。
よう歩いたなーと感慨深さとか、今日の登山ももう
終わりかと名残惜しさを感じながら少し休憩して、
登山口まで帰ってきました。


帰りしばらく車で走って、ちょっと休憩しようと
車から降りたら、膝が固まって歩けないくらい
がたがたでしたが、爽快感を感じる疲れでした。

また来年と思いつつも、紅葉の時期に今年もう一回
行こうかなとも思ったりして。

<< 写真だけ | ホーム | リベルテ >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP